くるみ割り人形と秘密の王国

M:こんにちは。ミッシェルです。

G:どーも ジョージです。

M:クリスマスが近づいて、ファンタジー映画が公開されてますねえ。

G:そうだね。ディズニーは、いわゆる人気童話の実写化をどんどん進めているよね。

  『マレフィセント』って、白雪姫の魔女が注目された映画だっけ?あれは、よかったなあ。

M:来年は、『ダンボ』の実写化の映画も公開されるみたいよ。

  ついにダンボも!これらがすべて実写化されたら、次は、どうするのかしら?

G:まあ、ディズニーだもん、いろんなアイディアがでるさ。心配無用。

M:さて、この『くるみ割り人形と秘密の王国』ですけど、くるみ割り人形って

  バレエの演目で有名よね。私は、見たことないんだけど、

  おもちゃの兵隊とかねずみとか花の妖精とか出てくるのかしらね。

G:俺に聞くなよ。バレエなんて、まったくわからないんだから。

  ところで、俺は、ファンタジー映画は、苦手なんだよなあ。

  すぐ、眠くなっちまうよ。ハリー・ポッターも第1作は、なんとか見たけど、

  シリーズが続くにしたがって、眠くなってきて、ついに、見なくなってしまった。

M:まあ、おじさんには、ちょっとね。抵抗あるジャンルかもしれないわね。

  私も、うーん、面白いかというと、うーんと思っちゃう。でも、見てみたいと

  思うのは、きれいだから!

  きれいなものって、やっぱり見たいののよ。CGでも、衣装でも、建築物でも

  小物でも、ファンタジー映画って、すっごい繊細で緻密なディテールでしょ。

  これがステキよね。この映画はね、お城の立地がステキ。

G:おお、大河が滝に流れ落ちる先端の孤島に城が造られているよな。

  これって、現実には、できるんだろうかと思っちゃうよな。

  ロシアの教会にあるような、玉ねぎ頭の尖塔をもつ城も

  いいよね。乙女チック心をくすぐるデザインになっているんじゃないかな。

M:そうなのよ。ああいうの、誰がデザインするのか、すごいなあって思う。

  あの卵型のオルゴールもステキでしょ。おじさんの家もすっごく豪華で

  クラッシックでいい感じ。アートなのよね。それを見るのが好きって

  感じかな。夢の王国のデザインね。こういうところ、ほんとに

  歩いてみたいもの。ああいうお城の中、歩いてみたいと思わない?

  それが魅力よね。こういうファンタジー映画って。

G:お菓子の国を統治する女神というか女王がでてくるだろ。キーラ・ナイトレイとは

  はじめは、気づかなかったけど。でも、キーラ・ナイトレイだったね。

  やせてたから。もうちょっと、彼女の着るドレス、考えてあげれば

  よかったのにねと思ったけど。

M:まあ、言いたいことはわかるわ。お菓子の国なんだから、

  もっとごちゃごちゃ着飾ってもいいかもしれないわね。

  ところで、ラストのクレジットが流れるところで、イラストが背景に

  出てくるけど、あのイラストもすっごくかわいい。どれをとってもね。

  シールとかでほしいなあ。ああいうの。

  ということで、ファンタジー映画は、美術を鑑賞するのが自分の

  楽しみです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック