ブリジット・ジョーンズの日記

M:こんにちは。ミッシェルです。

G:どーも ジョージです。

M:『ブリジット・ジョーンズの日記』は、三作目ですね。

G:これは、僕らにとっては、思い出深い映画だよね。

M:そう。だって、このブログの一番最初の作品だからね。

G:2005年の4月だって。

M:キャー、じゃあ、11年経ってるの?びっくり。

G:よく続いてるよね。

M:本当に。まあ、これを始めたきっかけは、

  私たち、どんな映画を見てきたのか、残しておきたいからよね。

G:そうだった。ふりかえると、タイトルだけじゃ、どんな映画か

  忘れちゃった映画も多いけどね。

M:そうだわ。でも、『ブリジット・ジョーンズの日記』は、なぜか

  見ちゃうわよね。これね、日本の女子からすると、そうとう違うのよ。

  いくら独身女子でも、これほどハチャメチャな女子はいないと思う。

G:しかも、シングルといっても、イケメンに言い寄られる人は、それほど

  いないよなあ。

M:しかも、ドジなのに、なぜか好かれるというのは、日本の少女漫画の

  王道を行ってるかもしれない。

G:少女漫画ねえ。花より男子っていう漫画も、普通の女の子なのに

  御曹司から好かれるっていう話だっけ。

M:そうだったかな。韓流にも多いストーリー展開だけどね。

G:まあ、シンデレラストーリーは、普通の女子にとっては、

  憧れと思うよ。せめて映画の中には、夢を見てみたいと。

M:そうね。現実はそうじゃないから、せめて映画には、

  イケメンにモテる女子を見たい。

G:この三作目は、ついにゴールインになったね。

M:そうね。これで終わりなのね。まあ、43歳だから、これが

  ロマンスの限界かもね。50才になって、恋の話って、

  ちょっとねえ。これが、限界ラインかもね。

G:1作目の二人は、30代で、その時だって、恋愛映画としては、

  ずいぶん年上の人たちを選んだって気がしたけど、

  今見ると、二人とも、ずいぶん若いよね。

M:そうそう。コリン・ファース様は、素晴らしい!

G:レニーのほうも、ぷっくりしてるし、目元もピッとしているよね。

M:でもね、三作見てきたけど、三作目が自分としては、

  一番いい出来かもしれない。ハッピーエンドになったことも

  あるんだけど、よくできてる。ドタバタも変に度胆を抜くようなところも

  ないし。大人になってきているし。

G:そうだね。以前のは、若気の至りというエピソードがふんだんに

  あったしね。

M:うん、それはそれで面白かったけど、やっぱり落ち着きも欲しい所よね。

G:ところで、女医さん、エマ・トンプソンだよね。

  いやあ、やっぱり、いい味出してたねえ。

M:この映画は、いかにいい男子とめぐり合ってゴールインするかを

  中心にしてるけど、今って、独身女性って増えているじゃない。

  結婚できないんじゃなくて、あえてしない女性がね。

  そういう人は、この映画の冒頭シーンのように、自分の誕生日を

  迎えるにあたって、ああいう寂しげなことはしないと思うなあ。

  もっと、気持ち的に強いというかさめているんじゃないかな。

  「ちっ、43歳になっちまった」くらいにしか意識してないいんじゃ

  ないかな。そこで、ああ、まだ独身だーみたいに落ち込まないと

  思う。「まっ、これが楽ちんでいいか」くらいだと思う。

G:なるほど。今の女性は、自分の好きなことして生きてるから

  今風に言うと リア充ってところかな。男子いなくても

  全然平気って感じだよね。

M:そうね。恋愛って疲れるし、面倒だし、変な男に付け込まれたら

  いまどき危ないでしょ。ストーカーとかDVとか。そんなリスクを

  背負うくらいなら、恋愛なんてしないほうが楽ちん。

  経済的にも困ってないしねえーって感じかな。

  でもね、この映画を見ると、マーク・ダーシーみたいな人なら

  結婚してもいいわねえって思うかもね。

G:そうだね。なかなか、ああいう誠実でイケメンに出会うことは

  ないだろうけど。

M:どこで、妥協というか、納得するかよね。

  自分がジョージでいいやと思うみたいに。

G:えーなんだよ。俺は、妥協の産物か。

  こりゃ、まいったなあ。

  でも、この映画が、ハッピーエンドで完結?するよね。

  して、良かった。めでたし、めでたし。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック