君の名は。

M:こんにちは。ミッシェルです。

G:どーも、ジョージです。

M:話題の『君の名は。』見ました。

G:この作品の監督、新海誠さんって、次世代のアニメを背負う監督さんと目されて

  いるらしいね。俺たちは、初めて見るね。

M:そうそう。なんか、映画館が超満員で、直前に行ったら、席取れない勢い。

  で、見なくっちゃと思って、見てきました。

G:若者が多かったね。

M:そうね。本当に、満席。びっくりしちゃった。こんなこと、あまりないからねえ。

G:期待は高まったよね。

M:で、どうですか?

G:うーん、よかったんじゃない?きれいだったし。東京と架空の田舎。

  女子高生と男子高生。田舎の暮らしと伝統。都会のせわしなさとスマートさ。

  それに彗星という天体現象が加わって、幻想的なストーリーになっていたし。

  入れ違いの根拠がよくわからなかったけど、神社の家の娘と

  何十年かに一度の天体現象には、何かあると思わせてしまう

  神秘的なものがあるしね。

M:でも、なんで入れ替わったのかしら?それがよくわからないけど。

  で、なんであの二人なのかもよくわからないけど、でも、そういう現象に

  なってしまった二人の物語だから仕方ない。この現象に乗っかっちゃわないと

  いけない。

G:時間的には、同時なのかと思ったら、最後の方は、1年かなずれてるのか?

  三年ずれてるのか?あのリボンというか組みひもを電車の中で渡すのは、

  一年前というか、まだ、二人が入れ違う前という設定だからねえ。

  この時間の差がよくわからないよね。

M:タイムススリップも取り入れて、一度目は、糸守町は、全滅しているのに、

  二度目は、ほとんどの人が助かったという形になっていたものね。

  だから、タイムスリップを使って、人助けをしたということなのよね。

G:そう、じゃないと、社会人になってから、二人は出会うチャンスが

  なくなっちゃうよな。

M:三葉の友達の二人も東京に出てきていたし、三葉も何かわからないけど

  東京で就職していたみたいだし。

G:タイムスリップをしかけると、どこからそうなのか、見ている方はよくわから

  なくなっちゃうよね。

M:そうね。これは、男女の入れ違いというのもあるから、ちょっと複雑。

  入れ違った記憶は、少しは残っているらしいし。それは夢として処理され

  るんだけど、やっぱり現実だったりして。

G:空間軸と時間軸を自由に行き来していて、ふーんすごいなあと

  こんなふうなストーリーを作れることがすごいなあと思うよ。

M:糸守町の創造がすごいね。とても、きれいな町だった。

  最初、湖がどーんとあるから、諏訪湖かな?と思ったけど、

  飛騨のほうなのよね。

  外輪山の中に、ご神体があるっていうのは、なんとなく、阿蘇山の

  雰囲気だし。町の創造は、とにかくとてもよかった。きれいだったし。

G:そうだね。ふすまの開け閉め、電車のドアの開閉、どちらも

  下の敷居のところから描いていたけど、なんか意味があるのかな。

  スピード感があっていいけど。

M:彗星の地球のまわりをぐるりと流れるところは、とってもきれいね。

  幻想的で、なんか、こういう不思議なことが起こってもいいかなって

  思わせるわね。

G:そうだね。天体ショーはいいよ。きれいだ。


M:スタジオジブリと『バケモノの子』の細田守監督とこの新海誠監督と

  今後どうなっていくでしょうか。キャラクター的には、私は、スタジオジブリの

  顔が好きかも。子供らしい感じ。シンプルだし。

  こちらは、ちょっと目がキラッキラしすぎていたかも。女の子の足とか内また

  すぎない?と思ったり。多少、違和感が。でも、この監督さんの

  持ち味なのよね。やっぱり、監督さんによって、キャラクターの雰囲気が

  違ってくるのは当然よね。

G:このアニメ見ると、泣けるってことだったけど、うーん、どうかな。

  泣かなかった。どうだった?

M:うーん、別にという感じ。ラスト、社会人になった二人が出会うでしょ。

  女の子の方、もうちょっと、元気があっても良かったなあと思いました。

  監督の好みもあるのかもしれないけど、大人しい感じになったでしょ。

  今の女の子って、けっこうたくましかったりするから。

  でも、いいかな。運命の赤い糸は、つながっていたというオチになっ

  良かったですよ。この中に出てくる ムスビ の力でしょうか。


  

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック