シンデレラ

M:こんにちは。ミッシェルです。

G:どーもジョージです。

  今日もまた、ミッシェルごのみの作品だね。

  俺は、寝る。

M:もうージョージったら。

  童話の実写版って流行ってるわよねえ。

  『美女と野獣』 『マレフィセント』 『イントゥ ザ ウッズ』 それに『シンデレラ』

  もっとほかにあったかしら?

G:映画界も ネタ切れか?いよいよって感じかな。

M:そうじゃないでしょ。やっと実写でも耐えうるものが撮れる環境になってきたから

  なんじゃないの?資金面とか技術面とか。

  ま、ほとんどの有名どころの童話は、アニメ化されちゃったから

  それをまたアニメというより実写にしたほうが面白かろうという感じかしら?

  実写だとねえ、衣装とか小道具とか女子ならどんな美しいモノで

  構成されるのか楽しみなのよね。

G:ディズニーとしては、ディズニーランドに集客するためにも

  そういうのを作って大人にも来てもらわないといけないから

  そういう戦略的なものがあるかもしれないなあ。

M:そういう裏のこととか推測しないの!ただ単純に作品を楽しみましょうよ。

  せっかくの実写なんだから。それにこの映画は、ケネス・ブラナー監督よ。

  なんか意外なことがあるかなあと思ったら、思いのほか

  童話に忠実に見事に夢の王国をつくっていたわねえ。

  クライマックスの継母と大公との取引には、今風な味付けが

  あったけど。

G:俺もね、『マレフィセント』みたいな大胆な解釈の変更というか新な解釈を

  付け足すのかと思ったけど、おやっ意外と正攻法だねと思ったよ。

M:やっぱりね、変に 大人向けに 残酷さ、教訓めいたことを強調すると

  小さい頃童話で読んだ頃の印象が覆されて、逆にいやーな感じになるものよね。

  『イントゥ ザ ウッズ』がそうだったかしら。だから、やっぱり小さい頃に感じた

  お姫様と王子様のロマンチックな物語を主軸に置いたほうがいいと思うのよね。

  この映画は、それよね。で、背景のお城とか衣装とかガラスの靴とか

  変身場面は十分大人が楽しめるほど洗練されてよくできてました。

  あこがれちゃうもの。ああいう屋根裏部屋とかお城とか。

G:シンデレラが12時の鐘を合図に家に帰る場面は、すごいよな。

  あれは面白かった。かぼちゃがガッシャーンめちゃめちゃに大破するところ

  迫力あったねえ。

M:ほんとドキドキした。ああいう演出がとっても大人な感じね。

  ラストの結婚式シーンは、昔のチャールズ皇太子とダイアナ妃の結婚式みたい

  だったわ。とってもきれい。あこがれるー。

  お姫様と王子様の物語って感じ。

  だから、イギリス出身のケネス・ブラナー監督だったのかしら?

G:やっぱり、王子様とお姫様といえば、イギリス王室だろうなあ。

  魔法使いのおばあさん、ヘレナ・ボナム・カーターもぴったりだね。

M:キュートな魔法使いだったわね。とっても素敵。

  あのネズミたち。あれは何?CGかしら?

  あれもかわいかった。ハムスターみたいなかわいらしさね。

  次は、何が実写版になるかしら?楽しみね。

  

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック