天気の子

M:こんにちは。ミッシェルです。

G:どーも、ジョージです。

M:なんか、久しぶりにブログ開いたら、新しいフォームになっていて、驚きました。

G:いつぶりかなあ。

M:「長いお別れ」以来でしょうかね。

G:忙しかったからね。

M:さて、新海誠監督の「天気の子」ですね。

G:前回、「君の名は。」が大ヒットだったから、期待大だろうね。

M:そうね。夏は、新海誠のアニメというのが、定着しそうですね。

G:面白いね。宮崎駿監督が、以前は、毎夏、楽しませて、期待させてくれたけど、

  今後は、新海誠監督だね。

M:そういう感じね。

  私は、このアニメ、好きかな。「君の名は。」は、ちょっと、わかりにくかったから。

G:ああ、入れ替わっちゃうからね。

M:でも、新宿の風景とか、空の風景とか、とにかく、きらきらしてて、

  とってもきれいだったわよね。あの風景を見るだけでも、価値があるわよね。

  この「天気の子」も、天気の様子が、とてもきれい。特に、雨の描写がすごいし、

  天上の風景もすごいきれい。本当の天国みたいだったわ。

G:中学生という設定が、せつないね。子供だけの生活というのが、

  是枝監督の「誰も知らない」を思いだしました。

  中学生が、バイトだけでやっていくのは、無理だろう。

  アニメだから、ありえたのか、本当に、現実世界で起こっていることなのか。

M:家出少年もね。はるばる島から出てきて、東京の新宿で、しかも歌舞伎町あたりで

  なんか、すごい度胸あるなあと思う。無理でしょう。こわくないのかな。

  大人でも、歌舞伎町あたり歩くの、すごーくこわくて、いやなんですけど。

  何も知らない田舎の子は、怖いもの知らずなのかしら。と、設定だけでもぶっとんだ。

G:あのくずれそうなビルは、創作だよね。

  あのお社も、創作だよね。

  よく、ビルの上に、お稲荷さんとか祀ってあるのを見るけど、

  ああいうのは、ちゃんと掃除とか行き届いてるよね。

M:とにかく、ああいう古いものと、異常気象による雨ばかり降る天気の近未来的な東京とが

  ミックスして、その中で、どう生きていくのかがテーマなのかな。

  女の子が、人柱にならなかったから、東京は、雨ばかりの天気になってしまった。

  なんか深ーいテーマが、隠れていて、ちょっと難しいけど、

  「天気の子」というタイトルの意味が分かったような気がする。

G:まあ、そうだな。「天気の子」って、なんか、変なタイトルだと思ったよ。

  なんだろうか、天気の子ってね。その謎ときに、見に行ったっていうのもあるし。

  その謎が解けただけでも、すっきりしたよ。行かなきゃ、ずーっとすっきり

  しなかったもんな。

M:そうね。

  風景がまたしても、きれいだったわね。みとれちゃう。

  この風景を見るだけでも、価値があるわね。

G:そうだね。

  それ以外、あんまり、感想というか、いうことはないかも。

M:もう一回見ると、また、別の発見があるかもよ。

"天気の子" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント