ラストレター

M:こんにちは。ミッシェルです。

G:どーも ジョージです。

M:この映画はね、もう予告編を見たときから、見ようって決めてた。

  で、予告編から見た印象で、こういう映画かなあと想像していたんだけど、

  本編をずーっと見たら、完全に裏切られた。想像してたのと全然違っていた。

  私ねえ、ずっと入れ替わっていたんだと思っていたんだ。姉と妹が。

  でも、違ってた。入れ替わっていたけど、それは、ほんの少し。

G:岩井俊二監督って、なんか透明感のある映画を撮るよね。ある意味、乙女チックな感じ。
 
  でも、決して甘くはない。

M:この感覚って、なんか共感しちゃうなあ。こういうのって、ありえないって切り捨てられる

  もんでしょ。高校生の頃の恋なんて、いい大人になってもずっと思ってるって

  ほぼほぼありえないじゃないですか。でも、岩井監督は、こういう感覚あるんだって

  ちゃんと証明してくれる。そこがいいのね。昔の恋を引きずっていてもいいんだって

  ところがいい。

G:こういう昔の恋を引きずる話って、最近だとストーカーとか変質者みたいな話になり

  がちじゃないか。でも、普通の感覚の人の感性を生かしているところがいいよね。

  あーこういう純粋な気持ちがあっていいって思えるのがいい。

M:そうなのよ。大人になってからも、高校時代とか大学時代の気持ちを引きずってると

  なんか変な人みたいにとられるけど、こういう感覚を持ってる人って

  案外多いんじゃないかなあ。そこんとこをちゃんと描いてくれてるのがいい。

  押し付けるんじゃなくて、控えめでありながら、相手のことを思いやって

  節度ある距離感を保ちつつ、好きであるという感覚、こういうの好きだなあ。

G:こういうの ややもすると冷やかされたり、揶揄されちゃうけど、

  ありだと思うよ。

M:なんか、心が洗われたよね。

  あの廃校になった学校の写真集にしたところもいいね。

  とってもステキ。いい映画見ました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント