アナと雪の女王 2

M:あけましておめでとうございます。ミシェルです。今年もよろしくお願いします。

G:あけましておめでとうございます。ジョージです。

  僕たちも 15年目だよ。びっくりだよ。

M:えっ もうそうなるの?どんな映画見てるかなあと、ちょっとメモ程度で

  始めたものだけど、いやー15年目ですか。まあ、継続は力なりというけど、

  私たちのは、べつに特にないよね。

G:力なりというよりも、どんどん力が衰えている気がするけどな。ははっ。

M:まあ、誰に読んでもらうというのも、あまり期待してないから、

  気楽に続けられるのね。まあ、どんな映画みてきたかの記録の代わりに

  なるからいいや。

G:さて、2010年、一発目の一本は、『アナと雪の女王 2』だね。

M:なんか、笑っちゃう。つい二日前? 2019年ベスト映画やったでしょ。

  で、1日に、見ちゃうんだから。

G:だって、しょうがねえだろ。年末は、やたらと忙しくて映画見てるヒマなかったんだから。

M:一転、正月1日は、なーんもやることなくてねえ、じゃあ、映画でも行くかってことになり、

  見ちゃった。なんと、一月一日も、毎月1日、映画の日が生きてるのね。びっくり。

G:正月料金だと思うよね。1800円じゃないかなあって。すごいよ。映画の日で、正月から

  1100円で見られるなんてね。

M:1月1日、映画館って、アリだね。テレビも、最近は、再放送のまとめが多いし、

  特別に正月番組を作らなくなってるのかしら。

G:働き方改革だから。正月から、働かないって。

  さて、さて、『アナと雪の女王 2』だ。

M:映像のきれいさは、パワーアップしてるね。すっごくきれい。

  紅葉の森の風景も、氷のきらめきもすっごく、スキのない完璧なきれいさね。

G:本当に、すごい。新海誠監督のは、キラキラしてて、水の表現がすっごくきれいだけど、

  こちらは、全体的に統一がとれてるきれいさだね。

M:なんかさ、エルサの魔法が使える力がなぜついたのかの謎を追う冒険になるんだけど、

  もうさ、おばさんは、その謎解きがめんどくさくなってる。

G:どういうこと?

M:うーん、もうそういう説明されるのも、こじつけじゃないんだろうけど、

  こういう背景がありましたよというのが、なんかなんかめんどうくさく

  なっちゃってね。見てて、疲れちゃうというか。おばさんにはね。

  たぶん、中学生や高校生の頃の自分だったら、この映像のきれいさとか

  ファンタジーの謎解きとかに夢中になってしまうんだろうと思う。

  恋とか愛とかの掛け合いも、今の気分じゃ、もううざいって感じでね。

  疲れちゃうのね。もう、いいやって感じ。きれいなのよ。アナもエルサも

  キャラがかわいいし。でもね、なんか疲れちゃう。終わった後、はーって感じ。

G:エンディング、長いよなー。そんなに引っ張らなくてもいいじゃんって感じ。

  長い、長い。

M:歌もね。すごいんだけど、声量すごくて、疲れちゃう。おばさんには。

  1作目の「ありのままで」も声量すごいじゃないですか、

  2作目も、さらにパワーアップした感じで、すごいです。

  すごいので、見てる方も、元気いっぱいじゃないと対抗できないと

  いう感じです。

  たぶん、若い人向きの映画ね。見ていると力、入っちゃって

  正月、まったりしたいとか、疲れをいやしたいという人には、

  つらい映画かもしれません。

  でも、きれいで、すてきな映画ですよ。

G:確かに。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント