終わった人

M:こんにちは。ミッシェルです。

G:どーも ジョージです。

M:内館牧子さん原作の映画ですね。

  ご本人も登場していたので、つい笑っちゃいました。

G:なんだっけ、ヒッチコックが、自分の映画に登場するってのが

  あったっけ。

  でもさあ、せつないなあ、このタイトル。『終わった人』だぜ。

  俺、もうすぐ終わった人になるのかなあ。

M:まあまあ、これは、エンタメですから。

  以前、『負け犬の遠吠え』っていうのが、流行ったじゃない?

  結婚もできず、仕事もさえなくて、私って、負け犬?って

  せつなくなった覚えがあるけど、あれみたい。

  でもさ、そのブームが、去っちゃうと、別に負け犬でも

  ないか、勝手に言わせとけ みたいな達観した境地になった

  こともある。

G:そうだよなあ。だいたい、今のおやじって、元気いいし、

  若いよな。

M:そうそう、沢山いるおじ様の中でこういう人もいるんじゃないかって

   いう話ですから。自分のことじゃないという感じで鑑賞すればよいのでは?

G:そうだよな。

M:私ね、気になったのは、奥さんの存在ね。専務でしょう。退職したとき。

  どの程度の会社か知らないけど、専務で退職したんなら、そうとう

  稼ぎがあったはずでしょ。しかも、浮気に走るという感じでも

  投資につぎ込んだということでもないし、趣味に走っているわけでも

  なさそうだし、そこそこ妻にも敬意を払っているみたいなのに、

  冷たいのよね。あれって、何?

G:そりゃね、わかりませんよ。夫婦の問題ですから。もう結婚30年とか40年とか

  になると、やはり飽きてくるんじゃない?そうそう、気を使ってられない

  という感じだろうね。

M:女の人って、嫌いになると、徹底的に嫌いになるもんね。

G:えっそうなの?

M:まあ、少なくとも、私はそうかも。

G:でもさ、この人は、いいよなあ、結末は、負債抱えちゃったけど、

  IT会社の社長に抜擢されるんだからね。

M:東大法学部とメガバンク出身は、強いねえ。世の中、天下りとか

  いうけど、中小企業にとっては、箔付けにちょうどいいんでしょうね。

G:奥さんもすごいね。パートか、なんかで美容師やってて、

  1千万ためちゃうんだろ。すごいねえー。自分の稼ぎ、全部貯金してたん

  だろうなあ。それは、だんなの稼ぎがあるからこそ、できたんだろうなあ。

M:結局、めぐまれた夫婦なのよねえ。人生の目的がみつからないというのは、

  贅沢な悩みかもしれないね。老後の資金が心配な人が多い中、

  余裕だもんね。

G:かえって、貧しい方が、いたわりあって暮らせるかもしれないなあ。

M:定年迎えたからと言って、人生終わらないからね。100才時代だもの。

  65才で定年として、あと35年もあるわね。それをどう生きるかが

  問われているのだけど、とてもとても終われないというのが
  
  実感だわね。できるだけ、元気で、頭もすっきりさせるようにして、

  しっかり、現役で生きていかないといけないと思ったわ。

G:ほんと、この映画、反面教師かな。定年になったからって、終われないって。

M:まったく、その点で、いい映画でした。定年だからって、

  終われないですよ。

  

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック