蚤とり侍

M:こんにちは。ミッシェルです。

G:どーも ジョージです。

M:時代ものも、最近は、『武士の家計簿』くらいから?コメディタッチのものも
  
  作られるようになりましたね。

G:江戸ものだと、藤沢周平原作のものが、一巡して、磯田道史氏のものが出てきて、

  高速参勤交代なども面白かったし、シリアスなものばかりじゃなくて、いろんなのが

  出てきたよね。

M:それで、江戸時代って、こんなこともあったのー、あんなこともあったのーと

  勉強になったわねえ。それで、今度は、蚤とりですか?

  初めて知ったわ。へえーーって感じ。とにかく、予告編がうまく

  つくられていたから、興味を覚えるわよねえ。出演者も魅力的な俳優さん

  ばっかりだから。期待も高まっちゃう。

G:そうだね。どんな話になっていくのか、楽しみだった。

M:でもさ、うーん、なんだったの?結局。なんか、どさくさに

  紛れて、よくわからないうちに、終わったって感じ。

G:結局、なんだったんだ?勘定方にいた寛之進は、長岡藩の不正を

  知っていた。それをけしからんと、歌会の時の良寛さんの歌にそっくりという

  意見をして、左遷させられ、蚤取りに落とされてしまう。

M:その経過が、よくわからなかったのよね。いきなりすぎて。いや、

  中間にでも、そういう経過をわかりやすく説明してくれれば

  いいのだけれど。寛之進自身も、その不正をどうにかしてやろうとか

  憤りに燃えているわけでもなかったから、どこか中途半端で、

  なんか流されるに任せている感じで、つまらない感じ?

G:まあ、手練手管を教わるところは、面白かったけどね。

M:そこですか。というか、そこを描きたかったのでしょうか。

G:田沼意次が失脚して、松平定信が老中になって、事態が大転換して、

  その後のことが、よくわからなかったなあ。なぜ、寛之進は、戻されたのか

  とか、再び、不正をあばく担当になったのか、あそこに、

  旗本の清兵衛がいることもよくわからなかったなあ。

M:本当に、ちょっとわかりにくいストーリーというか、ラストのほうの展開

  だった。田沼意次が、愛人の家にやってきたあたりから、

  よくわからなかった。長々としたセリフを言っているんだけど、

  その内容が、よくわからなかった。

G:結局、蚤取りサービス業とは、なんぞやを解説するだけの話になって

  しまったねえ。

M:斎藤工さんを寺子屋の先生にしているんだけど、ただ、やさしいく貧しい武士

  だけで、あれ?こんな有名な人を出しているのに、これだけ?と物足りなさも

  ありましたね。

G:予告編の勝ち!という映画でした。つられて行ったが、ちょっと物足りないって

  感じだね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック