ボス・ベイビー

M:こんにちは。ミッシェルです。

G:どーも、ジョージです。

M:私、アメリカのアニメって、あまり好きじゃないのね。

G:それまたどうして。

M:アニメの絵が、精密すぎるからかなあ。立体的だし。

  三次元でしょ。あれは、アニメじゃない気がする。

  アニメって、もっと二次元的な感じ。

G:まあ、確かに、本物に近いリアルなアニメ?どう表現したら

  いいのか。CGアニメというのかな。

M:そうね。確かに手書きでは作れないアニメよね。

  で、このボス・ベイビーを見たくなったわけは、

  単純に、かわいいから!

G:確かに、赤ちゃん、かわいいよな。

M:でしょ、でしょう。で、その赤ちゃんが、おやじくさかったら、面白そう!

  って思うでしょう。あの『テッド』みたいな感じで。

G:だねえ。まあ、『テッド』見たことないけど。

M:でもさ、キャラクターのかわいらしさに対して、ストーリーは、眠くなっちゃった。

  赤ちゃんカンパニーから派遣されて、ペットよりも赤ちゃんのほうがかわいい

  ことを、広めるべきだと、ペット業界をけん制する使命を帯びて

  この家に舞い降りた赤ちゃんだったんだけど。


  なんか、ドタバタばっかり続いて、つまらないのねえ。

  キャラクターは、かわいいのにね。

   もうちょっと、お話を単純化してほしかったなあ。

G:キャラは、かわいいのに、ストーリーで、惜しいって感じ?

  俺は、半分、寝ちゃったから、意見述べる立場ではないけど、

  キャラ設定は大成功なのに、ストーリーで、大人の視聴に

  耐えないところがあるよなあ。ちょっと、残念!

M:でもでも、キャラクターは、ほんとにキュートで、かわいい!

  赤ちゃんのプニプニ感がよく出てる。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック