LIFE

M:こんにちは。ミッシェルです。

G:どーもジョージです。

M:どこからか、『LIFE』は面白いという意見があったので、あまり大々的に

  宣伝はしていなかったですが、見てきました。面白かった!シンプルな作りながら

  緊迫感があって、とっても楽しめたし、ちょっとぞっとしました。

G:こんなストーリーとは思わなかったね。『LIFE』の意味は、地球外生命体の

  ことだったんだね。俺は、宇宙での生活のことを言ってるのかと思った。

M:エイリアンものは、数々あるけれど、火星の土を持ち帰って、培養したら、

  あら、なんと生命体が成長してしまったというものね。

  最初は、〇〇〇〇って名づけて、ペットみたいにかわいがっていたけれど、

  ある程度成長したときに、今度は、逆襲してくるわけ。

G:エイリアンの造形って、けっこう、類型化が進んでいるよね。

  タコみたいな足と、顔が二重になって、中から飛び出てくるっていう奴。

  エイリアン自体は、いつかどこかで見た感じの形だった。

M:そうね。やはり、知能はすごい進んでいて、まさに「生き残る」という本能

  そのままで生きている生命体。人情とか、関係なし。生き残ること、

  それが目的。こわいわあ。

G:宇宙ステーションって、重力ないだろ、実際、この映画の人々も

  宙に浮いていたけど、無重量状態って、地球上で作れたっけ?

  あれって、どう撮影しているんだろうって思った。

M:私もわからない。ワイヤーアクションってやつでもないでしょ?

  どう撮影しているのかしら。不思議。

G:もし、宇宙で死んだら、腐敗は進むのかな。

M:あの脱出ポッドで途方もない宇宙空間にほおり出されたら、どうなっちゃうの?

  凍りつくのか、乾燥してミイラになってしまうのか。どうなんでしょう。

G:でも、最後の方で、AとBと入るポッドを間違えたのかな。

M:それとも、ぶつかって、軌道が逆転したのかしら?

  あの逆転劇は、ちょっとわからなかった。

  でも、恐ろしい!そして、面白かった。

G:日本人宇宙飛行士役で、真田広之さんが出てたねえ。

  すごいねえ。渡辺謙さんばかりではなかったんだな。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック