家族はつらいよ 2

M:こんにちは。ミッシェルです。

G:どーもジョージです。

M:昨年に公開された『家族はつらいよ』の続編。

  すみません。昨年、見ているはずなんですけど、

  内容忘れてますね。どんなだっけ?

G:俺に聞くなよ。俺だって忘れてるよ。

  面白かったってことだけは、覚えてるけど。

M:そうね。面白かったから、また見に来ちゃったんだけど。

  でも、これも良かった。笑えるし、泣けるし。

  シネコンでは、もう 上映回数が少なくなっているのが

  残念だけど。

  こんどの方が、せつなくてキューッと身に染みわたるかも。

G:そうだな。中高年が見るとそう思うよな。

  今回は、高齢者の免許返上問題から始まってるし。

  どこが舞台かしらないけど、聖蹟桜ヶ丘を思い浮かべる

  高級住宅街で、坂道が多いところ。

M:あーゆーところは、高齢者はつらいのよね。

  車がないと買い物だって大変だし。

G:だから、免許なんて返上してられないって感じだね。

  妻がノルウエーにオーロラ鑑賞へ出かけたすきに、
  
  だんなは、飲み屋のおかみと天ぷらを食べに出かける。

  その途中で、工事中の交通整理をしているおじさんが

  かつての高校時代の旧友だとわかる。

  なんで、そんな仕事をしているのか、友達と激励会を

  することになるんだな。

M:家にじっとされるのも迷惑だけど、車で出かけて事故起こされるのも

  困るわよねえ。ラジオ体操に行ってくれるのは、いいけど、

  飲み屋のおかみとデートっていうのも、ちょっと微妙よね。

G:まあ、ヒマもてあましてる元気な高齢者って多いからなあ。

  お嫁さんも大変だよな。

M:で、飲み会の後、ぐでんぐでんに酔っぱらって、うちにその旧友を

  泊めることになっっちゃって。お亡くなりになるなんてね。

G:そうなんだよ。自宅で死ぬって大変みたいだよ。この映画みたいに

  検死してもらわないといけないから。病院なら、医者がちゃんと

  死亡診断書書いてくれるけどね。

M:でも、たまたま家族会議で家族全員集合で良かったじゃない。

G:やりとりが面白よね。それぞれのキャラクターがしっかりしてるから

  セリフが面白い。

M:この家、いつもごちそうは、うなぎの特上よね。

G:大変だね。7人前のうなぎの特上はね。

  お嫁さん大変だ。

M:子供も面白い。あの家族にもまれたら、しっかり育つわよね。

G:末っ子のお嫁さんが一番しっかりしているとおもったら、

  苦労してるんだね。両親は離婚して、父は、福岡で一人暮らしで、

  母親は、アパートで実母と介護しながら働いてるし。こちらも

  大変だ。

M:けっこうこの映画、世の中に大変を描いてるわよね。

  その母親の介護生活。狭いアパートで、母は年だろうに、

  保険の外交員か何かで生計を立ててるみたいだし。

  周造さんの友達だって、呉服屋のいいとこのボンだったのに、

  不動産業に業態を変えたら、バブル崩壊で借金して、離婚し、

  娘は香港だっけ?に暮らしてて音信不通。

  税理士の長女の扱う案件には、相続で兄弟ケンカをする

  事態も頻発しているらしく、まさしく今の世相をさりげなく

  入れているし。

G:そうだね。そして、極め付きは、孤独死の問題。独居男性は多い

  みたいだしね。この映画では、友達と大いに飲んで好きなギンナンを

  たらふく食べて死ねたからまだ救われるけどね。葬儀だって

  実の兄きは来ないけど、周造さんとか友人が見送ってくれたから

  まだ救われるよね。でも、誰も立ち会わない人っているんだろうなあ。

M:そうね。悲しい。周造さんが、叫ぶでしょ。こんな孤独に死んでしまう

  こいつがそんな悪いことしたのか!ってね。

  そこは、うっってきちゃうわよね。

G:身内は、迷惑こうむってたから、もう関係ない!って

  恨み節をいうけど、はたからみてるとかわいそうだよね。

M:うーん、私たちも人間関係は、良好にしておかないとね。

  いつどうなるかわかったもんじゃないから。

G:爆笑させられたけど、考えさせられもしたね。

M:うん。そう。だから、良かった。面白かった。

  見られて良かった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック