続・深夜食堂

M:こんにちは。ミッシェルです。

G:どーも ジョージです。

M:続・深夜食堂 ということは、この作品の前にもあったんですね。

G:そうだな。見てないな。俺たち。

M:見れば良かった。

G:本当に。

M:人情あふれる物語で、ほっこりさせられました。

G:これ、新宿のとある めし屋の話だろ。

  新宿でこんな人情話があるとは思わないからなあ。

M:新宿っていうと、大都会だし、かっこいいお兄さんおねえさん、

  ビジネスマンとかちょっとこわいお兄さん方とかいて、

  どちらかというと人情というよりも、殺伐とした空気のほうが

  濃い土地柄よね。でも、ほっこりさせられる人間関係が

  あって、いいわね。

G:NHKのさ、日本紀行だっけ?30分くらいの番組、そんなところに

  出てきそうな舞台だよね。

M:深夜0時開店というのが、面白いわね。

  で、のっけから、葬式帰りの人々がやってきて、食事して

  帰るのだけど、葬式帰りが深夜0時を回るかなあとちょっと

  疑問に思いながら見てましたが、遠い所だったら、

  帰りが遅くなるのもありかなあ。

G:そんな細かいところはどうでも、最初の 焼肉定食のエピソードは、

  喪服を着ているというのがポイントだから、

  葬式帰りというのを入れたんじゃないか?

M:そもそも、私たちって、深夜にそういうめし屋にでかけないから

  まったくわからないわけよね。よく聞く新宿ゴールデン街とか

  新宿2丁目とか行かないから、わからないのよ。

  どんなお客さんが来て、どんなお店があるのかなんてね。

G:だから、好奇心もあって、こういう映画で、そういう世界を知るって

  いうことになるんだけどね。

M:そうね。そうしたら、想像とは違って、0時過ぎにも、

  ほっこりした人情話があったってことね。

G:食事がいいねえ。ほっこりさせられるというのは、それだね。

  ふつうなんだけど、もっとも食べたいメニューというかね。

  焼肉定食、あーあのたれの絡んだ焼肉が食いテー!

  豚汁もいいよなあ。ミソ味がたまらないだろうね。

  焼うどんもいいねえ。

  いたわさとかもね。ああいうところで食べるとうまいんだよなあ。

  卵焼きもうまそうだなあ。

M:おふくろの味っていうの。やっぱり地味だけど、みんな食べたい味よね。

  ささっと作れて、しかもおいしい。これが、一番ね。

  あー私もお腹空いてきた。

  焼うどんのエピソードも、ちょっとできすぎというストーリーだったけど

  そういうこともあるかなってね。思わせるところがすごい。

  15歳も年上の人を好きになるのか。うーん、末永く仲良く

  暮らしてほしいですねえ。

G:最後のエピソード、豚汁定食。息子のために、東京まできたおばあちゃんの

  話なんだけど、詐欺はいかんと思うよ。つくづくね。人の弱みに付け込んで

  やる犯罪は、つくづく罪が重いなあと思う。ルパン3世とか、盗みは働くけど

  やってることは痛快だろう。でも、こっちの犯罪は、カッコよくない。

  弱いモノいじめが本当にけしからんと思う。

  世も末の犯罪だよなあ。

  でも、おばあちゃん、息子のために役立つというのが嬉しかったんだろうね。

  だから許せないよね。

  でも、手放した息子が、立派に家族を持っていたのを見たのは、

  良かったね。

  現実は、あんなふうなハッピーエンドにはならないだろうけどね。

M:ファンタジーなのよ。現実では、ありえないハッピーな結末が

  この映画のいいところ。こうあってほしい世界が描かれている。

  せめて映画の中では、ハッピーでいたいものねえ。

  見終わった時、あー良かったって思うものね。

G:そうか、現実では絶対ありえないから、あえて映画で作ると

  いうのか。

M:でも、それっていいわね。なんか、最近、殺伐とした映画も多いから

  こういう映画がたくさん作られると、いいわね。

  殺人とか裏切りとか見せられるより、ほっこりいい気分になって

  映画館を出たいものねえ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック