インフェルノ

M:こんにちは。ミッシェルです。

G:どーも ジョージです。

M:ダン・ブラウン原作の『インフェルノ』 楽しみにしていました。

  今回は、実は、本読んでいないのです。映画見てから、読むことになるかな。

G:『ダヴィンチ・コード』は、すごい人気だったからねえ。本が。

  俺も、夢中で読んだよ。スピード感と古いものの謎解きが面白かったよ。

M:そうそう、ヨーロッパって歴史的遺物ってたくさんあるじゃない。

  それらには、どこか秘密めいた謎が隠されているでしょう。

  それをそれなりに解釈してくれたのが、面白いわよね。

  こじつけがあるのかもしれないけど、へえ、ヨーロッパの教会とか

  お城とか美術品とかってこうやって見るのかと思ったもの。

G:そうそう、ただ表面的に見るだけじゃなくて、その後ろに隠されている意味

  を知ると、すごく面白いよね。

M:この『インフェルノ』では、ダンテだったり、ボッティチェリの地獄の絵だったり

  ヴェネツィアの教会だったり、やっぱり歴史的建物が出てくるし、その裏側が

  映ったりして、面白かった。

G:テーマもね、地球規模の人口大爆発に備えて、人口を人工的に減らそうとしている

  勢力を阻止しようということだね。

M:日本は、少子高齢化が問題になっていて、人口増なんて思いもよらない

  のだけど、地球規模に見ると増えているんだ。

G:今って63億?映画では、そのうち90億になるという話で、

  それはそれで、恐ろしかったりね。

  人口を時々自然がコントロールしているっていうよね。

  この中でも、黒死病ペストの流行とかさかんに言われるけど

  そういう伝染病を時々流行らせて人口を減らしているとかね。

  自然災害もそういう意味があるとかね。

M:そうね、そういう目に見えない力によるコントロールを受けているとも

  思えるわね。最近だって伝染病なんだっけ?エボラ出血熱とか

  この間アフリカで流行ってニュースになった伝染病とか。

  戦争もそういうことも含まれるって何かで聞いたことあるわ。

  人間を襲う伝染病が発生するのは、神様によるコントロールかしら?

G:でも、なんかそういう伝染病を人工的に引き起こそうと

  するのは、いいことなのか、いけないことなのか

  それは、議論の余地があるね。この映画では、偏った考えの人が

  本気で引き起こそうと暴走したんだな。

M:何も知らずにその伝染病にかかったっちゃたら、悲劇よね。

  みんな自ら進んで死にたいとは思わないもの。

G:いやあ、この映画もスピードがあるよな。どんどん展開していって

  ちょっとついて行くのが困難なところもあったりして。

  謎解きがね。ラングドン教授はすごい知識だね。

  ダンテのデスマスクの裏にあんな言葉が書かれていて

  その言葉の意味を、どんどん解いていけるっていうのがすごい。

M:あの医者のシエナっていう若い女もすごいわね。

  私なんで、ダンテ 神曲 っていうのは、わかるけど

  神曲の内容は知らないし、ダンテが何をしたのか、なんで

  すごいのかなんて全く知らないもの。

  西洋の地獄のイメージがボッテイチェリが描いていたと

  いうのも知らなかったしね。

  だいたいインフェルノという言葉が、地獄だったとは!

  ヘルじゃないのね。

G:昔、『タワーリングインフェルノ』という映画があったけど、

  高層ビルの地獄ってことだったのかと改めて知ったよ。

  なるほどね。

M:シエナという若い女性医師を演じたフェリシティ・ジョーンズって

  どこかで見たことあると思ったら、『博士と彼女のセオリー』でホーキング博士の

  奥さんを演じた人なのね。髪の毛の色が変わっちゃったのかな。

  全然イメージ変わっちゃった。気づかなった。

G:美人だね。小顔で目とか鼻とかシュッとしまっていて

  隙のない顔だね。凡人の男じゃ、全然相手にならないという

  感じ。

M:だから、億万長者の恋人なんじゃないの?

G:そうだな。納得。でも、頭いいのに、理性的でもあるのに、

  ああいう偏った思想に引き込まれちゃうんだね。

M:そうね。凡人は、世の中の流れに流されていくだけだけど

  天才とか頭いい人とか億万長者とか権力者など、ごく少数者は、

  世の中の流れを変えることができるのと思いこんじゃうと

  困るわよね。

G:そうそう、困るなあ。

M:ところで、ラングドン教授にも、恋人がいたのね。

G:ああWHOの女性ね。教授ともなると、恋人もキレッキレの賢い女性だね。

M:まあ、そうでしょう。私みたいな凡人じゃ、話が合わないもの。当然ね。

  でも、恋人がいて、良かった。

  図像学者というオタクじゃなかった。

G:面白かったけど、これから原作読むかい?

M:読もうかな。前の二つは、先に原作読んで、映画見たので

  女性のイメージが違ってしまったのよ。今度は、シエナのイメージや

  WHOの女性もイメージが固まったので、

  原作読んでも、ズレないからいいかも。

  とにかく、面白かった。満足です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック