世界一キライなあなたに

M:こんにちは。ミッシェルです。

G:どーもジョージです。

M:これは、イギリス映画ですかね。

  原題は、『me before you』

  こちらのほうがいいかな。

  邦題だと、ちょっと軽い感じになっちゃうから。

G:あの女の子、原宿にいそうな感じだね。

M:ファッションがね。奇抜!でも、かわいい。

  あんな靴、どこで買うのかしら。ポップな靴。

  でも、不思議と似合ってしまうからすごい。

  部屋もね、パッチワークとかで、かわいい感じ。

  面接の時に着てた80年代のボディコンスーツ。

  よく取ってあったよねえ。

G:御曹司は、イケメンだねえ。あれだけのイケメンも

  めったにいないだろうね。

M:そうそう、すっごいイケメン。びっくり。

  おまけにエリートビジネスマンで、おうちは、お城と

  きたもんだ。どんだけ付加価値が高いんだって感じ。

  ここまできたら、少女漫画の世界だわね。

G:ふつう、こんな設定だったら、俺的には、もういいわ

  帰るって感じなんだけど。なんか引きつけられるね。

  あの女の子の表情だね。千変万化するね。

  あの眉といったら!

M:すごい眉の威力だよね。あんなに動かないって。ふつう。

  目も鼻も口もはっきりくっきりだから

  印象が強烈だよね。すごくかわいい。

G:あれには、どんな男もやられるね。

  なんかうるさいと思いながらも、引きつけられちゃうね。

  不思議な魅力だ。この映画は、あの女の子がいなけりゃ

  成り立たなかったかもな。普通のインパクト弱い女の子だったら

  成り立たない。

M:まさにそう。半身不随というややもすると暗くなりがちなものを

  あの原色や花柄やポップなファッションの女の子が

  薄めてくれているという感じ。

G:そうなんだよ。この映画のテーマって実は重いんだよな。

  生きるべきか死ぬべきかの問題だから。

M:女の子は、生きてほしいと思っている。

  でも、実際生きるほうの男にとっては、

  生きるのつらいんだ。明日もこれか、その次もこれかと

  思うと希望がないんだね。

  元気づけようとすればするほど、ひいちゃうというか

  もういいよっていう気分になってしまう。

G:でも、スイスにはそういうのあるのかね。安楽死というか

  そういうの。

M:ねっびっくりした。でも、お金持ちだから、あれだけ生き延びられたし

  最後も素敵なところできれいにいかれるというのがね。

  それと、お礼に、女の子の独立を助けるお金も払えるし

  いいことして旅立ったから。

G:これって、人間の根源的なところにもかかわっていて

  自分も寝たきりの親をかかえてると

  ことあるごとに「すみません」「すまないねえ」という

  言葉が返ってくる。本人は、やっぱり人に介助されて生きるって

  いうのがつらいんだと思う。自分は、親だし、まあ、当然かなって

  思っているのだけど、もし、将来自分がそうなったら

  どう思いながら生きるのかなと思う。

  答えはないんだけどね。さて、あなたはどちらをえらぶと

  問われているようでね。ズーンときた。

M:そうそう、それが単純に庶民の女の子とお金持ちのボンのラブストーリー

  に終わらない深いものがある。

  さて、あなたは、どっち?

  生きるべきか、死ぬべきか。

G:見て良かったなあ。

M:そうそう、おすすめ映画です。
  

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック