アテルイ

M:こんにちは。ミッシェルです。

G:どーもジョージです。

M:シネマ歌舞伎に興味があって、見てみたいなあと思っていたけれど、

  チケットがやはり高い。2100円。それに、以前は、東劇しかやっていなかった気がする。

G:俺は、歌舞伎はちょっと縁遠いので、それほど興味はなかったけどね。

  『アテルイ』というタイトルは、知っていて、演劇だよね。とうことで

  まったく気にしていなかった。

M:歌舞伎を歌舞伎座とかで見るともっと高いでしょう。3階席とか一番上の方の席なら、

  3000円くらいで見られたっけ?でも、チケットとるのが、めんどうくさかったり、

  映画なら、劇場に足を運べば、見られないってことはあまりないから、

  その点、お手がるよね。

  とうことで、ジョージもちょっとは心を動かされる『アテルイ』をまず見て、

  それから、その後、シネマ歌舞伎を見るべきかどうかを検討しようと

  思ったのよね。

G:で、結果はさあ、すごく良かった。びっくりした。こんなに迫力があるなんてな。

  歌舞伎ってすごいよ。

M:私もびっくりした。古典歌舞伎と違って、現代語のセリフだから、

  頭に入りやすいのよね。へえ、これが、歌舞伎ですか。という印象。

  でも、古典歌舞伎もね、江戸時代の人が見たのは、たぶん、同時代の

  話題の事件を取り入れたものもあったはずだから、

  今、私たちが見ているような感覚だったはずよね。

  現代の歌舞伎、すごい!面白い!

G:ほんと、びっくり。メイクも衣装もセットもすごいよね。

  あの山の神の化身のつくりもの、あれもよかったねえ。

  中華街の祭りで、龍の長ーいのを持って走り回るのあるだろ。

  あれを思い出した。あれより、つくりものは、よりスタイリッシュに

  なってたよな。

M:そうそう。衣装もきれい、メイクもきれい。

  七之助さん、なんて美しいの。染五郎さん、なんてカッコイイの。

  御霊御前、なんて妖しいの。ヴィジュアル的にすごいきれいでかっこいい。

G:殺陣シーンも多いだろ。何回、立ち回りがあったことか。役者さんも

  疲れるだろうなあ。でも、その殺陣の立ち回りのかっこいいこと。

  しびれるね。あれって、よく練習しないと、少しタイミングがずれたら

  すべてくるってくるから、何回もある殺陣シーンがよくごっちゃに

  ならなかったよなあ。感心するよ。

M:劇場で見る歌舞伎は、たいてい後ろの方で見るから、

  表情とかよく見えないの。でも、シネマ歌舞伎はいいわね。

  ちゃーんとドアップで表情を写してくれるから。

  あの、見栄を決めるときの目の形とか、唇の形とか

  よーくわかる。

G:歴史上の物語で、アテルイは大和朝廷に滅ばされた側だから、

  歴史の教科書には載っていないよね。

  正史からは、抹殺されちゃう存在だからね。

  歴史では、坂上田村麻呂、東北平定。くらいしか

  書かれていない。俺も、東北を旅したとき、

  どこだったかなあ、花巻かな。でかーい仏像見たよ。

  これは、田村麻呂をかたどったものだって言われた。

  それで、あー坂上田村麻呂って、本当に東北を平定しに

  きたんだって思った。

  でも、アテルイという名は、まったく出てこなかった。

M:アテルイ以降、だんだんと東北も大和朝廷に取り込まれていったのね。

G:いや、藤原氏の滅亡以降かもな。

  藤原氏は、黄金の文化を築いていたんだから。

  大和朝廷とは、距離を置いていたと思うよ。

  でも、源頼朝だっけ、が滅ぼした。

  で、だんだんと日本という国に取り込まれていった。

  日本って、もともと、地方豪族がけっこういたんだろ。

  島国だから、海を隔てた大陸の大国から身を守るには、

  島全体をまとめておかなきゃいけないという感じだったんだろうね。

  御霊御前が言ってたけど。そりゃそうだろう。

M:その征服過程で、朝廷側のように、手段を選ばず、あくどく征服するか

  田村麻呂のように、穏便に融合していくかの違いはあるのね。

  穏便に融合は、時間がかかるし、お互い信頼し合わないと

  話が進まないわね。

  でも、あくどく征服するほうだと、絶対に禍根を残すのよね。

  お互いの文化を尊重して、融合していったほうが、平和的ね。

G:それって、今の世界情勢とも似ているね。

  力を背景に、傲慢に支配しようとするか、

  法で穏便に解決しようとするか。

M:歴史は、繰り返すっていうけど本当ね。

  とにかく、これ見て、目からウロコが落ちた。

  現代版歌舞伎って面白い。

  歌舞伎を映画で見るっていうのもアリね。

G:ああ、また、映画で歌舞伎見たいね。

  今度は何がいいかな。

M:うーん、そしたら、『スーパー歌舞伎 ワンピース』が

  いいんじゃない?

G:えっ『ワンピース』って、言ったら、あのマンガの?

M:そうそう。私、漫画は読んだことないけど、大人気だし、

  面白そうでしょ。

G:そうだな。それ見よっ!
 


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック