木靴の木

M:こんにちは。ミッシェルです。

G:どーもジョージです。今日の映画は、1978年の映画だ。

  俺が、学生の頃だな。タイトルだけは、知っていたんだ。いい映画らしいと

  いうことも。だから、38年を経て、ようやく見ることができた。

  あの頃で、有名な映画で、こういう感じので、『旅芸人の記録』だったかな?

  それもまだ見てないから、もし、リバイバル上映があれば、見てみたいな。

M:この映画、長かったなあ。悪いけど、眠気に襲われてしまった。

G:俺も、こんな映画とは、思わなかった。

  つまり、19世紀末だから、1890年とかそのくらいの時代のイタリアのある農村

  地帯の話。日本では、明治だね。ちょうど、『あさが来た』の広岡浅子の時代だね。

  今からでは、想像もつかないけれど、イタリアも日本も、その頃は、こういう環境に

  人々はおかれていたんじゃないかな。大地主からは、搾取され、一般農民いわゆる

  小作人は、地べたをはって生活するみたいな感じかな。

  それから130年、劇的に世界は変わったんだね。

  いや、戦後70年で劇的に変わったのかな。いや、平成以後のこの30年くらいが

  もっと世界を変えたというか、インターネットの普及からだと思うから、

  この20年で劇的にまた変化したんだな。グローバルという言葉も、

  インターネットの普及からだよね。

M:うん確かに。インターネットは、世界を身近なものにしているわよね。

  瞬時に世界中に情報がかけめぐるし、日本のサブカルチャーがいいって

  世界から見られるようになったのも、ネット以後だと思う。

  昭和っていうと、もう古いって感じだものね。

  この20年~30年で本当に劇的に世の中は変わったわね。

G:だから、こういう映画は価値があるのかも。

  地味だろ。農民の日常をそのまま描き出しているという点で。

  こんなの忘れ去られちゃうだろ。こんな時代があったなんて

  具体的に映像で残さなけりゃ、想像もできない。

  日本でも、もっと残すべきかもしれないなあ。

M:いやあ、でも、無理でしょう。もう風景自体が、激変しているから、

  戦前くらいまでの風景を探すっていったって、無理。

  ダムの下に沈んでしまった村とか多いって聞くし。

  伝統的街並み保存に指定されて残されているところに

  しか、昔の風景はなくなっているんじゃない。

  そういう意味では、眠くてしかたなかった映画だけど、

  価値ある映画だったかも。

G:俺たちの先祖は、こんなふうに貧しい中でも、みんな助け合って

  細々と暮らしてたんだってね。今、貧困家庭が多くなっていると

  いうけど、この映画を見るとね、もっと自立してなんとかふんばらなきゃ

  いかんのかもしれないなあ。

M:貧しくても、なんとか食べていける社会の実現かあ。

  今って、便利でシステム化されてて、なんでもお金を出さなきゃいけなくなって

  山に入って、何か採集して、食いつなぐってことはできないでしょう。

  昔も厳しかったけど、今も厳しい。どうやってこのシステムの中で

  生きていくか大変だわ。

G:でもさ、この映画を見ると、俺らは、まだ恵まれているんだと思うよ。

  なんとか食いつなぐ手立ては、考えられると思うんだ。

  知恵を絞って、手だてを探して、あとはやる気かな。

  ちっともこの映画の感想じゃないけど、なんか、なにも主張してなくて、
  
  淡々と農民生活を描いているだけなんだけど、考えさせられる部分が

  多かったね。昔の生活をただ見せるというだけで、大きな意義が

  あるのかもしれない。最近の映画には、こーゆーのまったくないけどね。

M:ほら、昔、倉本作品に『北の国から』ってあったでしょ。あれって、

  北海道の富良野の生活を淡々と描くことでも、十分、インパクトあったでしょ。

   ああいう感じね。地道に生きている人を描いて、何かを感じさせるみたいな。

   北海道の大自然の美しさと厳しさを映し出すだけで、もうなんというか

   感動がおしよせてきたものね。そういう感じかしら。

G: 学生時代に見られなかった映画をようやく見られたので良かった。

   ためていた宿題をやっとやったって感じかな。あとは、

   『旅芸人の記録』か。

M:リバイバルしてくれるといいわね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック