レイルウエイズ 愛を伝えられない大人たちへ

M:こんにちは。ミッシェルです。
G:どーも ジョージです。
  昨日の新聞で 自腹700万をはたいて 電車の運転手になった人
  たちの記事を見て、あーレイルウエイズだなあと思った。

M:以前 中井貴一さんの主演で一畑電鉄の運転手さんで
  あったわよね。あの時は、だんなさんが転職っていう
  話だったけど、こんどは奥さんが主婦を捨て、看護師に生きる
  っていう話ね。

G:前回は、三浦友和さんお息子さんが新人運転手役で
 出てたけど、今度はお父さん登場だね。
  富山地方鉄道 もなかなかかわいい電車でいいね。

M:熟年離婚とか良く聞くけど、こういうことかもね。ずっと家の
  中のことをやってきたから、私ももう一度、チャレンジしたいってね。

G:人生50年説は もう過去の話だけど、50歳くらいに
  なったら、また別の人生を始めてもいいよね。

  主人公滝島徹は、カメラマンになりたかったけど、
  家の事情で電車の運転士になって42年間働いた
  て定年を迎え、その先のことを考えはじめて
  いうセリフ
  『ひとつじゃだめなんだ』ってね。
  もう一度、カメラをやってみようかと
  思いはじめるんだな。

  でも、ラストを見ると嘱託で、運転士は続けて
  いくようだけどね。

M:奥さんの方は、良性だけどガンになっていて
  もう一度自分の人生を考える機会になって
  看護師になりたいって思うのよね。

  人間自分の寿命がわかると無駄には生きたくないって
  思うのかもしれない。寿命がいつかわからないから
  のほほんと毎日を生きてしまうのかもしれない。

  ある意味で、病気になるってことは、自分の人生を
  振り返るいい機会かもしれないわね。
  どうせ一回の人生だもの、好きに生きないと
  つまらないっていうのはあるわね。
  
  私も今のままじゃ後悔の多い人生になっちゃうわ。

  年金が68歳にならなきゃもらえないなら、
  働かなきゃいけない。そしたら、好きな仕事したい  
  けれども、はたして、お給料が出るかどうかが
  問題なのよね。

G:中年の人が見ると、身につまされる映画かも。

  しかし、三浦さんも年取りましたね。若々しい青年役で
  百恵さんとの映画に出ていたころと比べるとね。
  おっとと思うけど、それは、俺も同じこと。
  いつのまにか年は取っちゃうんだよね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック