マイ バック ページ

M:こんにちは。ミッシェルです。
G:どーも ジョージです。
  今日の映画は、僕が見たかったんだけどね。
  期待してた分、あれ?こんなもの?と思ってしまったね。
  
M:ジョージは好きだよね。70年代とか。あのへんのこと。
G:そうだね。なんか 日本がまだ若かった頃というか
  変化の時だったからかな?

  僕はね、もうあの学生運動とか終息しちゃってた頃に
  大学生だったから、あの頃の闘争とか全然わからなかったよね。
  朝日ジャーナルは、あったけど。朝日ジャーナルって
  難しくて、言葉とか文章が硬かったりして
  理解し難いもので、一体なにを言いたいのかわからなかった。

  というか、世界の認識がまるでなかったからね。
  今みたいに、池上 彰さんが、わかりやすく解説してくれる
  こともなかったし、今みたいにくだけたムードはまったくなかったし
  平凡な学生は、世の中のしくみというか、何が起こっているかなんて
  よくわからなかった。政治なんて、縁の無い世界のことだったしね。

  ようやく 年をとってから、なんとなく あの時なにが
  起きて、その理由はなんなのかが薄ぼんやりと
  わかってきた感じかな。

M:ふーん、わたしなんて、まったくわからない。
  三里塚とか東大安田講堂陥落とか意味不明。

G:僕も意味不明なんだけど、わかっている風に振舞うことが
  カッコよかったりしたからなあ。
  わからないなりに、学生の頃は、高野悦子さんの
  『二十歳の原点』とか読んだりして、ふーんこういう
  権力に立ち向かう行動をすることがカッコいいのかなあ
  なんて思ったりしてた。『いちご白書』とかの映画も見て
  はあ、アメリカでもこういう学生運動に身を投じるのが
  カッコいいのかなあなんて思ったりした。

  でもね、あさま山荘事件とか永田洋子らによるリンチ殺人事件
  なんかが、数年前から映画化されて、ようやくわかりやすく
  なってきただろ。
  そういうのを見ると、なんとなく、若気のいたり ってやつですか?
  って思う。結局、自分の欲望を、なんやかんやと難しい言葉で
  包みかくして、自分を正当化してただけなんだよな。

M:この映画の松山ケンイチが演じた、梅山って男は、ぜんぜんカッコ
  よくない。自分は手を汚さないで、屁理屈ばっかり言って
  潔くない。えせ活動家ってことでしょ。

  で、本当の活動家と言われてた前園って人も
  いったい あんたなんやねん って感じよね。
  どんな大義名分があるんじゃって疑問符ばかり
  頭の上とんじゃうわ。

G:ところで、でも昭和の感じが出てたよな。
  沢田の部屋も あのグリーンの折りたたみテーブルとか
  カラーボックスとかギターとか あったよあった
  って感じ。

M:昭和っておしゃれじゃないわね。
  インテリアもカラーコーディネイトなんて言葉が
  無かった時代なんだってわかるわね。あるもので
  間に合わせたって感じ。機能重視。机と本棚と椅子と
  ベッドとがなくちゃいけない。だから、その機能のあるものを
  置きましたって感じで。カラーで統一なんて
  平成になってからね。ニトリとかイケヤとか無印とか
  無い時代だものね。

  『ノルウェイの森』とこの時代って同じくらい?
  同じような時代でも随分印象がちがうわね。

  今もいろんな人がいたように、あの時だって
  みんながみんな学生運動に傾倒していったとは
  かぎらないものね。
  金持ちと貧乏人の差かなあ。

G:この映画ってさ、別に学生運動のカリスマを描いていたのかと
  思ったら、エセだろ?だから、予告編で いかにも学生運動の
  カリスマを描いているかのようなものをつくらないほうがいいね。
  勘違いしちゃうから。ただの60年代末から70年代初の
  青春群像ってほうが、よかったかも。なんか
  僕は 学生運動のカリスマの苦悩とかそういうことか
  と思ったら違ったから。まあ、苦悩もあったけどさ。
  あれ?違ったって思ってしまった。

M:殺された自衛官がただただかわいそう。
  ご家族が戦争でもないのに、なんで殺されなければならなかったのか
  って憤慨するのもわかるわ。
  それに あんなことじゃ、思想犯じゃなく、あきらかに
  子供の学生運動ごっこでしょ。勘弁してよって感じね。
  沢田さんも、学生運動に加われなかったから
  その物足りなさを梅田に期待しちゃったのかもしれないわね。
  でも、その梅田は沢田さんが思うような傑物ではなかったのよね。
  ペテンにかけられたって感じよね。

G:彼らが見た『真夜中のカーボーイ』は見たけど、ダスティン・ホフマンって
  泣いてたっけ?確かバスで、南に向かうんだよな。フロリダだか
  マイアミだか南へ。そのバスの中でダスティン・ホフマンが
  死んじゃうんだと思ったけど、彼は泣いてたのかなあ?
  バスの中のシーンしか覚えてないなあ。

M:きちんと泣ける男の人が好き か。
  考えても見なかった。男って泣くんだ!
  泣かないものだと思ってた。
  サッカーの優勝の時って泣いてたっけ?
  そうかあ。わたしは、きちんと泣ける男の人が
  好きかなあ?
  というより、感情をキチンと表現してくれる人がいいわね。
  わかりやすくて。まあ、怒りっぽい人は ごめんなさい ですけど。

G:僕は、最後に泣いたのはいつだっけ?
  覚えてないなあ。

M:わたしは、『8日目の蝉』を見たときかな。最近は。
  きちんと泣ける人ねえ。

  でも、その彼女も21歳だっけ?23歳だっけ?に死んでしまうということで
  美人薄命でしょうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック