ミッシェルとジョージのおしゃべりシネマ

アクセスカウンタ

zoom RSS マリアンヌ

<<   作成日時 : 2017/03/02 01:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

M:こんにちは。ミッシェルです。

G:どーも ジョージです。

M:ブラピの映画だから、見なくっちゃと思っていたの。

  でも、もう、上映時間も少なくなっちゃって、あと1週間くらいで

  終わっちゃうかもしれない。最近、すぐ終わっちゃうから、

  まごまごしてると、見そびれてしまうのよ。

  でも、見られてよかった。

  どんな感動が待っているのか、楽しみな映画でした。

  結論から言うと、良かったですよ。

G:やっぱり、ブラピの映画だからかなあ、期待を裏切らないよね。

  アカデミー賞とは無縁の映画だったみたいだけど、

  俺もこれは良かったなと思うよ。

  第二次世界大戦時の、スパイとスパイの夫婦の物語。

  お互いだましあいというのがポイントで、

  スパイであっても、人間だって、ところを描きたかったんだろうな。

M:モロッコが舞台ということで、砂漠も出てくるでしょ。

  ちょっと昔の『イングリッシュ・ペイシェント』っていう映画を思い出したわ。

  あれも、大人な映画でよかった。

G:ブラピ、やっぱりちょっと年老いたよなあ。かっこいいけど、

  やはり、年には勝てないのかな。

M:そうね、全体的に垂れてきちゃったかな。

  昔が、ツルスベ的なきれいなお顔だったから、

  うーん、それは仕方ないでしょう。でも、カッコいいわよ。

  まあ、スパイでも、惚れちゃうわね。

G:女スパイは、うまかったよ。この人に、アカデミー賞あげても

  良かったんじゃないか?

M:なんか良かった。この映画。私的には、『ラ・ラ・ランド』よりはいいと思った。

G:やっぱり、映画は、こういう感じが落ち着くね。ストーリーを追って、

  登場人物たちが、葛藤するっていうところに面白さがあるよ。

M:なんかこういう純愛物語っていいわよね。

  近頃、そういうのないから。

  本当に好きになるって、どういうことかってね。

  そういう物語を見たいのよね。

  不倫だの、浮気だの、そういうのあまり見たくない。

G:映画では、夢みていたいもんなあ。

  『ラ・ラ・ランド』は、別の男に乗り換えてしまったところが

  なんだよって感じで、良くないよ。

  やっぱり、そうかよって、がっかりさせれらた。

  この映画は、お互い、最後まで好きあっていたとろに

  感動があるよな。

  そういうの俺も、みたいよな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
マリアンヌ ミッシェルとジョージのおしゃべりシネマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる