ミッシェルとジョージのおしゃべりシネマ

アクセスカウンタ

zoom RSS 恋妻家宮本

<<   作成日時 : 2017/01/31 21:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

M:こんにちは。ミッシェルです。

G:どーも ジョージです。

M:今年度、二本目は、『恋妻家宮本』。テレビドラマ『家政婦のミタ』の脚本家

  遊川和彦監督だったので、すごく怖い映画かなと思ったのです。

  つまり、無表情の天海祐希なのかなとね。

G:違ったね。普通の奥さんだった。

M:違った上に、すごーーく良かった。泣けちゃった!

G:うん、どうなることかと思ったけど、すごく良かったね。

  まだ今年、二本目だけど、今年二番目にいい映画だと思ったよ。

  今年は、さいさきいいかな。

M:そうね。いい映画が続いてる。

  選択がいいのかな。

G:それもある。俺たちの勘は当たってるね。

M:阿部寛さんが演じる陽平が、前に見た『結婚できない男』というドラマ

  をほうふつとさせて、優柔不断でちょっと情けない男が実にいい感じ。

G:最近の男は、ああいう感じかもな。女性に頭上がらない、

  ちょっと弱気、言いたいことも言えないみたいな。

  俺がそうだし。自分自身を見ているようだよ。

M:へえーそうかな。けっこう、言いたい放題言ってる気がするけど。

G:いや、全然。君には、頭あがらないよ。

M:まあ、そういうことにしておきましょ。

  でも、そういうちょっと情けない男が、迷いながらも、いいことに

  気づくのよね。

G:そうそう。正しさより、やさしさが大事。

  今の世界、そういう風潮があるだろ。正しいこと言ってるから

  一歩も引かないみたいな。そりゃ、わかるけど、まあまあ、

  落ち着いて、落としどころを一緒に探そうよみたいな

  感じも必要かなってね。

M:これには、ぐっと来たわね。泣けた!

  ちょっとしたやさしさで、うまくいく場合があるものね。

  これは、誰もが忘れがちかもしれない。

  トランプさんもちょっと優しさを発揮してほしいわね。

  それと、トランプさんが敵としているエリート層も

  自分たちの利益ばかり考えないで、落ちこぼれた人々を

  救う手だてをもっと考えれば良かったのよね。

  そうすればこんな事態にならなかったかもね。

  みんながそれぞれ何が大事か忘れちゃったのかも

  しれない。

G:そうだね。この混沌としてきちゃった世界を変えるのは、
  
  やっぱり一人一人のちょっとしたやさしさかもしれないね。

  俺は、この映画を見て、本当に あっと気づかされたよ。

  この映画では、おばあちゃんと嫁と孫の間でのことかも

  しれないけど、あらゆる人間関係のもめごとに

  通じるものがあるなあと思ったよ。

M:そうね。単純なことだけど、あっと思った。

  正しいことも大事だけど、それにちょっと優しさをね。

  人間社会のトラブルって、スパッと割り切れるものじゃ

  ないからね。ある程度、お互い譲歩し合う方が

  うまくいく場合もある。そこのミソは、片方じゃだめなのね。

  お互いそういう精神を発揮しないとだめなの。

G:天海さんのあの顔パック姿は、怖かったなあ。

  というより、おかしかった。でも、50代夫婦って難しいね。

  子供が去った後は、夫婦二人きりで過ごさなくちゃいけなくて、

  それに慣れてないと、うまくいかなくなっちゃう。

M:50代って、まだまだ身体は元気だし、まだやれるってところ

  あるからね。旦那と家族だけにささげた私の人生は、

  一体何なの?と疑問に思う奥さんは多いと思うわ。

G:で、離婚か?そりゃ、短絡的だろ。だって、離婚しても

  大変だぞ。一人でやってくってことは。

M:でも、へんな旦那だったら、せいせいするかも。

  というより、私、「卒婚」ていう考え方がいいなと

  思ってるんだ。離婚じゃなくて、卒婚。これからは、

  お互い好きなことをやって、週一くらい、一緒にお茶して

  おしゃべりするとか、お互いやってることの報告会を

  するとか。もう、年中一緒にいるとなると、ストレスたまるから

  距離を置いたほうがいいのよね。かえって、うまくいくと

  思う。

G:そうだね。そういうのいいかもなあ。俺は、ジオラマの

  世界にどっぷり浸りまくるとか。君は、ガーデニングを

  おもいっきり楽しむとかね。

M:この映画さ、人生をダイジェストに振り返るシーンがあるでしょ。

  結婚を決めた理由とか、子供のときから優柔不断で

  決められなかったとか、夢をあきらめて結婚したとか

  将来が不安で、結婚することになって内心嬉しかったとか。

  50代ってそういう自分の人生を振り返る時期なのよね。

  それがあって、じゃあ、この先どう生きていこうかなって

  リセットする年代なんだと思うわ。

G:この夫婦は、あの駅 こいつま 駅で、お互いをもう一度

  リセットしたから、これからはうまくいくんじゃないかな。

M:そうね。うまく行ってほしいわ。

  デニーズの使い方がうまかったわね。実名出していいのかなと

  思ったけど、デニーズさん、すごいいい宣伝になってよかった

  ですね。ところで、私もファミレスでは、なかなかメニューが

  決められません。結局いつも、ハンバーグ、ワンパターンです。

  しかも、値段のリーズナブルなやつ。ファミレスもちょっと

  いいの頼むと、けっこうな値段しますからねえ。

G:そうそう、ファミレスだからといって、油断していると

  支払いの時にウワッていうことがあるなあ。

  庶民はつらいよ。

M:この映画、面白かったです。おすすめです。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
恋妻家宮本 ミッシェルとジョージのおしゃべりシネマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる